Itaria.it

L'italia per i giapponesi





L’emblema della Ferrari è un cavallo ritto sulle zampe posteriori su fondo giallo, detto cavallino rampante.
In origine, l’emblema apparteneva al conte Francesco Baracca che l’aveva dipinto sul suo aereo.
Egli fu un asso leggendario della flotta aerea italiana durante la prima guerra mondiale.
Nel giugno del 1923 Enzo Ferrari, dopo aver vinto una corsa all’autodromo di Savio, vicino Ravenna, incontrò la contessa Paolina, madre di Baracca.
La contessa chiese a Ferrari di utilizzare il cavallino sulle sue macchine come portafortuna.
Ferrari lasciò il cavallo nero così come era dipinto sull’aereo, ma vi aggiunse un fondo giallo, che è il colore che simboleggia la
sua città natale Modena.
La Ferrari rispetto agli altri team di Formula 1, ha raggiunto un maggior numero di successi: ha vinto 14 titoli di Campione del
mondo costruttori , 14 titoli di Campione del mondo piloti, e ha ottenuto 182 vittorie in un Gran Premio.

 



フェラーリの紋章は跳ね馬(イタリア語でカヴァリーノ・ランパンテ)という黄色い背景に後足で立ち上がった馬である。 最初は伯爵フランチェスコ・バラッカが自分の飛行機の上に描いていたエンブレムであった。彼が第一次世界大戦時にイタリア空軍の偉大なエースであった。 1923年五月、エンツォ・フェラーリはサヴィオ(ラヴェンナの近くに)の自動車競走場で自動車競走に勝ってから、バラッカの母の伯爵夫人Paolinaと会ったことがある。 彼女はフェラーリに幸運をもたらすものとして馬を自動車の上に使用してくれるように頼んだ。そこでフェラーリは黒い馬を描いたままにしておいたがモデナという生まれた町の象徴の黄色を加えることにした。 スクーデリア・フェラーリ (Scuderia Ferrari) は、ほかのチームより大成功したF1チームである。世界チャンピオン自動車メーカーとして14タイトルを取って、世界チャンピオンレーサーとして14タイトルを取って,グランプリ・レースで182優勝を得た。

Lascia un commento

Login with Facebook:
Collegati
Login with Facebook:
Collegati